スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
約束
2007-03-28 Wed 23:09
託した思い


知り尽くした溪 大切な場所を今日 釣友に託した
 
  弥生 下旬 快晴  
   最後にリリースしたタナビラを 僕は一生忘れることは無いと思う

木曽最終釣行   そして たぶんこれが  最後の日記

    僕に善意をくれた 大切な人達の行く道が
   たくさんの幸運と笑顔に溢れている事を願って


       更けていく夜に あたたかな南風が吹き始めています



スポンサーサイト
別窓 | 釣行記 | コメント:14 | トラックバック:1 | top↑
氷溪
2007-03-14 Wed 22:12
氷枝
     抜けるような青空に
      全てを凍らせるような冷気

         淵の陽だまりに漂う溪魚も
           今日は僕と遊ぶ気は無いらしい。。。

    
     弥生 中旬 快晴

       文字通り 薄氷を膝で割りながら溪を渡る
          白い砂川の釣りは夏でもタイトだけれど ここまで来ると尚更だ


氷台

氷滝
 流れを止めればすぐに凍りつくような氷溪

  カラダを洗う水と風に ふと目的を忘れてしまう僕は
   釣り人としては 失格なのかもしれません



空穴   
   次第に光が薄くなる溪奥に踏み入ると
    シューズのフェルトまで凍って流石に遡行は厳しくなる
       そう言えば、車を停めたゲートに
        “ 冬季通行禁止 ” ってあったけど
       意外とここも そうだったのかな




別窓 | 釣行記 | コメント:10 | トラックバック:1 | top↑
太陽の近く
2007-03-07 Wed 21:44
雫   時計を忘れたから、正確な時間がわからない
   林道を登り始めて、この辺りだと40分ぐらい?
   いや、寄り道したから1時間ぐらいかな
     喉が渇いたけど  水筒も、忘れた。。。
   ふと目をやると、切り立った岩盤から零れ落ちる水
      ・・・まあ いいか  
    時間も水も、ここには 十分にあるから


蝦夷 チャートで  弥生 初旬  快晴 時々 粉雪
 
      ラインの先に結んだのは、DROPPEN 
        涙型のスピナーを 奥溪に落として歩く
     また ここに立つ事が出来ただけで
          指程の岩魚が、とても愛しく感じる

              そこには 手を伸ばせば届きそうな太陽
            流れに帰る彼らに 「 さよなら 」 と呟く僕は
                  大丈夫 多分 笑っていました

眩暈





別窓 | 釣行記 | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
風が吹くほうへ
2007-03-02 Fri 19:21
sky


幼少の頃から慣れ親しんだ叔母の酒場の、取り壊しが決まった
5年間、寒風に晒され続けたコートも、そろそろ替え時かと思ってた
今シーズンで踏破を予定してた溪の終わりは、知らずに済むけれど

溪流解禁と同時に 僕の信州は1ヶ月を切る

想いを断ち切るのは無理だとわかったから
迷うのはもうやめて 前に進もうと決めた

  風が 南から吹き始める頃
  
      風の吹くほうへ

   旅立ちのきっかけは それぐらいで ちょうどいい



別窓 | 未分類 | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
灯り
2007-02-20 Tue 22:16
灯り

人が川を見て心安らぐのは
その流れに迷いがないからだ

いつか聞いた 心に残る言葉です

やっと見つけたと思い込んでいた答えは その片鱗ですら無く
無力な言葉は 大切な人ですら救うことが出来ない
認めたくない現実に 僕はまた 迷ってしまう

滲む川面   そっと手を差し伸べる 小さな灯り


別窓 | 未分類 | コメント:7 | トラックバック:0 | top↑
雪溪
2007-02-12 Mon 21:25
雪山   シンと静まりかえった空気を
   時折 “ パキンッ ” と小枝が弾きます

       未だ雪深い奥溪

      残る足跡は僕らのものではありません
        野兎にカモシカ、鼬 いや貂でしょうか


雪解け


チビアマゴ    眼下の流れ 薄氷の下から
     ゆらり ゆらりと溪魚が顔を覗かせます
    厳しい冬を乗り切った 三歳程のアマゴは
     盛期の面影なく 流れにおされながらも
      やわらかな陽光を身に纏っていました
  

蕾早春の溪は
 まるでまだ夢覚めぬかのようです
彼らは息を潜め ただ足跡だけを残し
 やがてくる芽吹きの季節を待っているのでしょう

    春がいつまでも 全ての命に等しく訪れますよう



別窓 | 未分類 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
2007 prologue
2007-02-07 Wed 22:30
ミナモ     時の流れに抗う事は出来ないけれど
      どう生きるかを選ぶことは出来る
     老け込んで人生を語るにはまだ早い
      僕らが釣りを止めない限り

        過去に縛られず 未来を恐れず

      2007年   誰よりも早く また春を見に行こう



別窓 | プロローグ | コメント:13 | トラックバック:0 | top↑
信仰
2007-02-04 Sun 22:52
信仰  
    宗教というものに疎い僕は
       これまで「誰か」に対して祈った事はありません。
  
    ただ、そんな僕にも信仰するものは確かにあって、
     それをはっきり定義しろと言われると困るんだけど、およそ
      『 すべて 』 と呼ばれるものなんでしょうか。

    
      今この瞬間に吹いた風 散る木の葉 足元の石
             ・・・・・きりが無い 全てに 
        目を、耳を澄ませば、そこに存在する全てのものが語りかけてくるのを感じます。
  
  溪というのは、僕が今、その「すべて」を色濃く感じ得る唯一無二の場所であり、
    釣りは単なる媒介の一つに過ぎないのかもしれませんね。

        亡くしてしまった、大切な人が流した涙が、形を変えてそこには流れ
        いつか漏らした溜息は、僕の髪を揺らし、そっと汗を拭う
        時に残した想いが、木々のざわめきとなって何かを伝えようとしてくるのです。

        消え去ってなんかない  失ってなんていない
        帰っていった彼らに逢いに そして祈りを捧げるために
        図らずも 僕にとってそれは “ 巡礼 ” に近い意味を持ち
        だからこれ程に、魂を揺さぶられるのでしょう。
   
          信仰の中に身を置き 触れる事を許される時間

       もしもあなたが同じように感じ得るものがあるとしたならば
        僕らはそれを幸福と言わず、何に代わりを求めれば良いのでしょうか

             形や場所は違っても 人それぞれに。。。



別窓 | 思うこと | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。