スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
秘薬
2007-01-20 Sat 22:47
JAMAICAN LAGER   
   色褪せかけた想い出の輪郭を
   一瞬にして鮮明に浮かび上がらせる秘薬

      うだるような暑さ 癒せない渇き
        部屋中に散乱していたRed Stripe

     変わらないで欲しいもの ありますか?



スポンサーサイト
別窓 | こだわり | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
葛藤
2007-01-06 Sat 23:03
「これ 投げられるかな・・・」
正直 そう思った

WOOD BAIT

懇意にしてるshopで、生まれて初めて買ってみた福袋の中から

僕にとってミノーってのは、紛れも無く消耗品なんだけど、こいつは どうなんだ?
縁が無いと思って、いつも素通りに近かったコーナー
手に取ると、最早芸術品に近いリアルミノーが、僕の元にやってきた
どうしよう...
でも まぁ 君はルアーだ、覚悟してもらうとしましょうか
「どっちが?」って言われそうな気もしますが

凄いのが釣れそうな気がする、 けど 釣れても困るような気もする。。。



別窓 | こだわり | コメント:16 | トラックバック:0 | top↑
Trauma
2006-12-16 Sat 20:54
珈琲店

「一体これは なに・・・」
大学の頃、家に訪ねてきた伯母から言われた一言
伯母の淹れる珈琲は、最高に旨いから、まぁ しょうがないけどさ。
一応あれでも、コーヒーだったんだよね。。。

きらした珈琲豆を買いに行く お気に入りは深煎French
いつか溪で、伯母のような珈琲を淹れてやるんだ



別窓 | こだわり | コメント:21 | トラックバック:0 | top↑
森の言霊
2006-11-27 Mon 22:24
Omamori  
   『木霊』と言った方がわかりやすいでしょうか。
 
    古くは神の島と呼ばれた生まれ故郷には、
                    様々な伝説も残ります。
 
 これは【琥珀】と【黒神代】で形作られた『木霊』
 どちらも何千年という年月を生き抜いて、屋久杉と呼ばれるようになったものですが、
 樹脂分が多い部分、黄金色で透明になったものが【琥珀】
 倒れた後、更に数百年間火山灰に埋もれ変色石化したものを【黒神代】 と呼びます。

 信仰なんてものは人それぞれ。
 奥深い森で、突然射した木漏れ日がまなこにその影を残したか
 “ざわざわ”と騒ぐ木々の声を“くすくす”と耳でとらまえたか
 それは、そこに立ったことのある人にしかわからないでしょう。

 僕がこの木を身近に置くのも、僕だけの理由に他なりません。
 この先も彼らが、様々な森の言霊に引き合わせてくれそうな気がするから。
 そして様々な災厄から、知らずに僕を守ってくれていると、信じてやまないのです。


別窓 | こだわり | コメント:21 | トラックバック:0 | top↑
掌の想い
2006-11-15 Wed 22:53
「これはオマエが使ってやったほうが喜ぶからさ」

    久し振りだ 僕ん中で、すっごい気持ちいい風が吹いた

旧蝦夷50S・65S

ミノーなんて所詮プラスチック片が、こんな言葉が詰まると “ 宝物 ” になる
でも飾っとく気は無いよ、ここで終わらせるわけにはいかないでしょ
美しい渓魚を数えきれないほどコイツに乗せて、存在に “ 意味 ” を作ってやらないと 

   想いは絶対に切らない 僕が続きを描くんだ


別窓 | こだわり | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
戦友
2006-10-16 Mon 00:20
蝦夷

  僕のパイロット チャートの 『 蝦夷 』
 シーズンの9割以上をこのルアーで通し、3桁に近い渓魚に触れた
 僕のスタイル・イメージでは、とにかく 対 岩魚
 今はもう普通に泳いでくれないけれど、殿堂入りです。

旧蝦夷 
 チェイスを止めてしまった、どうしても抜きたい魚がいる時が出番
 シングルフックで泳ぎのバランス変えてから、アマゴに強いかも
 ほんとは投げ倒したいんだけど、ちょっとキツい 『 旧蝦夷 』
 今はもうなかなか出会えないからなぁ


バルサ水を噛むような泳ぎが絶妙 『 バルサ蝦夷 』
のんびり釣りたい時に、ミッチェルで引いてたルアー
でもたまに熱くなっちゃって、2個程木屑に変わりました
右の2個は現行のサブ
今シーズンは、彼らがいつもお供してくれました
これからしばらくは、のんびりしてもらえるかな

Ray Tune 
 そして来シーズンの出番を待つルアー達
 訳あって課していた " 蝦夷のみ " の制約を解きます
 バランス調整はこれからだけど、上手くやろう
  
        “ 水面直下のやりとり ” たまんないよ 多分

別窓 | こだわり | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
HOUSE OF HARDY
2006-06-07 Wed 13:45
bag1.jpg

セカンドリールにルアーケス、小型バーナーにボンベにカップ、予備のラインにフックも2ダース程、
バックとセットでランヤード、あっ!あと水とおやつ少々。
何でも入るぞ
“トラウトフィッシャーバッグ”
想い出については、まだまだこれからだけどね。

やっぱりフットボールと釣りバッグは、イングランドに限ります。


別窓 | こだわり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
やめられない とまらない
2006-04-22 Sat 23:27
20060421232528.jpg  
  いかにトラブルを無くすか
  いかに魚のダメージを減らすか
  いかにフッキングの確立を上げるか
  針を替え、ループを替え、バランスを替え
  今日も考える そして巻く
  シコウサクゴ だから面白い



別窓 | こだわり | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。