スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
森の言霊
2006-11-27 Mon 22:24
Omamori  
   『木霊』と言った方がわかりやすいでしょうか。
 
    古くは神の島と呼ばれた生まれ故郷には、
                    様々な伝説も残ります。
 
 これは【琥珀】と【黒神代】で形作られた『木霊』
 どちらも何千年という年月を生き抜いて、屋久杉と呼ばれるようになったものですが、
 樹脂分が多い部分、黄金色で透明になったものが【琥珀】
 倒れた後、更に数百年間火山灰に埋もれ変色石化したものを【黒神代】 と呼びます。

 信仰なんてものは人それぞれ。
 奥深い森で、突然射した木漏れ日がまなこにその影を残したか
 “ざわざわ”と騒ぐ木々の声を“くすくす”と耳でとらまえたか
 それは、そこに立ったことのある人にしかわからないでしょう。

 僕がこの木を身近に置くのも、僕だけの理由に他なりません。
 この先も彼らが、様々な森の言霊に引き合わせてくれそうな気がするから。
 そして様々な災厄から、知らずに僕を守ってくれていると、信じてやまないのです。


スポンサーサイト
別窓 | こだわり | コメント:21 | トラックバック:0 | top↑
ゆめの夢
2006-11-25 Sat 21:28
ダンコウバイ夢を見ました
早春の渓を釣友と遡る夢です。
風はまだ冷たくも、壇香梅の蕾は開き、猫柳の花も穂のように膨らんでいます。
跳ねるように釣りあがる僕らの鼓動にあてられたように、
ふと気付くと、季節はそのまま初夏に変わっていました。

tatsu’s photo  
  2匹だけ捕っておいた岩魚を友人が焼き燻し、
  渓で冷やしたビールで言葉も無く食べる
  そしてそのまま のんびり昼寝
  一足先に起きて、僕が珈琲を淹れなきゃな なんてことも
  柔らかい陽射しと渓の風に、ぼんやりと溶けていきました。

                            夢から覚めても、見続けるゆめです


別窓 | 未分類 | コメント:14 | トラックバック:0 | top↑
野天から
2006-11-18 Sat 23:05
紅葉  「紅葉ってのはなにも、みんな一緒に紅くなるとは限んないんだねぇ」
   隣のおじいちゃんが、何気に深いことを言う

 檜の湯船から、高い空を見上げて、いろーんな事を考えてます

  自分が出来るからって、みんなが出来るとは限んないんだよねぇ
  自分に出来ないことを、あっさりやってのける人も、いっぱいいんだよねぇ




別窓 | 思うこと | コメント:24 | トラックバック:0 | top↑
掌の想い
2006-11-15 Wed 22:53
「これはオマエが使ってやったほうが喜ぶからさ」

    久し振りだ 僕ん中で、すっごい気持ちいい風が吹いた

旧蝦夷50S・65S

ミノーなんて所詮プラスチック片が、こんな言葉が詰まると “ 宝物 ” になる
でも飾っとく気は無いよ、ここで終わらせるわけにはいかないでしょ
美しい渓魚を数えきれないほどコイツに乗せて、存在に “ 意味 ” を作ってやらないと 

   想いは絶対に切らない 僕が続きを描くんだ


別窓 | こだわり | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
いつかの夏。。。いつかの森。。。
2006-11-13 Mon 20:39
幼い頃
ひとり森の中で倒れゆく老木を見たことがある
決して太くはないけれど、高く伸びたその木は
回りに茂る木々の枝に優しく抱かれるようにしてその身を横たえた。

今になってわかる 
僕が立ち会ったその瞬間が、どれ程の深い意味を持ち得るのかということを

縄文杉と


どこかの森で、樹齢500年のブナの木が、倒れたという話を聞きました。
彼女は『森姫』と呼ばれ、山を、森を愛する人達に慕われていたそうです。

人知れず倒れる瞬間、彼女はどんなことを考えていたんでしょう。
 それは冷たい朝靄の中だったのか
  柔らかな光に包まれた午後だったのか
   燃えるような夕陽に照らされていたのか
    それとも怖いくらいの静寂と暗闇の中だったのか

静かにやってきた運命の時 森の誰かが、彼女を見つめていたのでしょうか・・・

せめて今夜は目を瞑って、森を守り続けた彼女に思いを馳せようかと思います。


別窓 | 思うこと | コメント:10 | トラックバック:0 | top↑
追想 夏の渓・雨夜
2006-11-06 Mon 00:11
雨足は収まる気配を見せない
次第にまばらになる民家を横目に、県道を左に折れ、いよいよ目指す山道に入った。
深く暗い世界が始まる
ハイビームにしたヘッドライトが闇に吸い込まれていく。昨年の台風の影響だろうか、時折照らされる山肌は所々が剥き出しになっていて、車道の落石が異常に多い。
しばらくすると一つ目のダムをパスし、ここからは舗装も無くなる。
慎重に進むか?それともここで車中泊か?不慣れな道だ、後者の選択が妥当だろう。
すぐに道路脇が広くなった場所を見つけた。車が2・3台止まる広さはありそうだ。転回スペース?
いや、そんな事はどうだっていい、今この雨で車を走らせるのは愚策だろう。
僕はそこに車をバックで入れ、フゥッと息を吐く。
後部座席のトランクケースからビールを取り出し、地図を広げた。
「Corinne Bailey Rae」の溜息のような歌声を聞きながら、時間がゆっくりと流れる。
時刻は深夜1時を過ぎたところか、あと3時間ぐらいは大丈夫だな。
シートを倒して目を瞑る、心地良い酔いで、すぐに眠りにつけるはずだった。
だけど、何かおかしい。なんでこんなに寒いんだ?
違う、これは神経が逆立つ感覚
ここにいたくないのか? そうじゃない、ここにいちゃいけないんだ 
シートを跳ね上げギアを入れる。一度戻ろうという思考が感情に追いついた時にはもう車を走らせていた。

県道に差し掛かる頃には雨も弱まってきた。
道路脇の自販機前に車を停め、強く握っていたハンドルから指を剥がす。ひとりの暗闇なんて何度も経験してきたはずなのに、今、辛うじて僕の平常心を繋いでいるのは、この頼りない灯り。
寒さはいつの間にか去り、眠りはすぐにやってきた。


走り抜けたダンプの煽りが車を揺らす
雨は完全に上がったようだ
車を降りて硬くなった体を伸ばし、熱いコーヒーを啜る。
大丈夫 落ち着いている。
夜明けまであと1時間程、今出発すれば丁度良い時間に入渓できそうだな。
僕の悪い癖だ。こんな場所では、感受性だとか、想像力とか、そんな類のものを知らずに全開にしてしまう。そう、露出を絞ればいいだけだ、そうすればきっとうまくいく。

余計な事は考えるな 今度は、止まらずに行こう。

別窓 | 釣行記 | コメント:18 | トラックバック:0 | top↑
追想 夏の渓・予兆
2006-11-04 Sat 00:43
焼け付く陽射し 気だるい午後 
僕は夏休みの帰省を利用して、隣県の渓へ車を飛ばす。
スピーカーから流れる「TRENCHTOWN ROCK」
心地良いリズムと窓から吹き込む風が、逸る熱を溶かしてくれる。
もちろんこの時点で僕は、この釣行の結末を知る由も無いんだけど。

高速を降りて混雑する市内を抜け、郊外へ向かう
遠い昔に一度だけ行った事のあるフライショップへ
そう、僕は10年程前にこの街に住んでいて、今まさに時間を巻き戻している感覚に陥っていた。
それはほんの半年間の事だったけど、この街での生活が僕の人生感を大きく変えたのも事実だ。
街は昔のまま。だけど失ってしまった人々との接点が、時の流れを痛いほどに感じさせる。
郊外の住宅街の中にある店も、あの時のままだった。
最初は怪訝そうにしていた店主も、要件を説明すると快く入漁権を譲ってくれ、しばし釣り談義。
ただひとつ「単独釣行」という点については最後まで顔を顰めていた。聞くと、僕が目星を付けた渓は、事故の絶えない場所らしい。先日も知人が渓奥で骨折し、捜索の末に辛うじて一命を取り留めた件があり、店主が行き先を聞いていなかったらどうなっていたか・・・
“僕の行方はあなたが知ってるよ”と半ば笑い話にして、僕は店を後にした。

夕陽を河口に見ながら大河に掛かる橋を渡る。
少し早めの夕食をとる為、繁華街の料理屋に入った。
オーダーは地鶏の炭火焼にめひかりの唐揚げ、そして焼酎。
次第に増えていく常連客の方言がいやに懐かしい。同じ空間に、僕だけが隔絶されている気がする。今の僕には「異邦人」って言葉がぴったりなんだろうな。
パーキングに停めた車で暫く酔いを醒ますことにしたが、流石に疲れていたんだろう、そのまま眠りに落ちてしまった。

タンタンとフロントガラスを叩く雨音で目が覚める。すぐに止むかと思っていたが、だんだんと雨足は強まってきた。天気予報は晴れ続きだったはず、って事は、恵みの雨だ。朝方までに止んでくれればいい。
急いでエンジンを掛け、目的地へ向かう。そこはダムを2つ程越えた場所、
先行者がいれば容易く潰れる渓相。今夜中に入渓点まで行かなければ。
ここにきてまた逸りだした気持ちに合わせるかのように、ワイパーが激しく雨を弾いている。

それは予兆。 闇と雨は、全ての事象を覆い隠す事を、僕は、忘れていた。

別窓 | 釣行記 | コメント:15 | トラックバック:0 | top↑
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。