スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
信仰
2007-02-04 Sun 22:52
信仰  
    宗教というものに疎い僕は
       これまで「誰か」に対して祈った事はありません。
  
    ただ、そんな僕にも信仰するものは確かにあって、
     それをはっきり定義しろと言われると困るんだけど、およそ
      『 すべて 』 と呼ばれるものなんでしょうか。

    
      今この瞬間に吹いた風 散る木の葉 足元の石
             ・・・・・きりが無い 全てに 
        目を、耳を澄ませば、そこに存在する全てのものが語りかけてくるのを感じます。
  
  溪というのは、僕が今、その「すべて」を色濃く感じ得る唯一無二の場所であり、
    釣りは単なる媒介の一つに過ぎないのかもしれませんね。

        亡くしてしまった、大切な人が流した涙が、形を変えてそこには流れ
        いつか漏らした溜息は、僕の髪を揺らし、そっと汗を拭う
        時に残した想いが、木々のざわめきとなって何かを伝えようとしてくるのです。

        消え去ってなんかない  失ってなんていない
        帰っていった彼らに逢いに そして祈りを捧げるために
        図らずも 僕にとってそれは “ 巡礼 ” に近い意味を持ち
        だからこれ程に、魂を揺さぶられるのでしょう。
   
          信仰の中に身を置き 触れる事を許される時間

       もしもあなたが同じように感じ得るものがあるとしたならば
        僕らはそれを幸福と言わず、何に代わりを求めれば良いのでしょうか

             形や場所は違っても 人それぞれに。。。



スポンサーサイト
別窓 | 思うこと | コメント:6 | トラックバック:0 | top↑
<<2007 prologue | HOME | 秘薬>>
この記事のコメント
日本は、やおろずの神の国。

同じ道祖神に手を合わせながら、
ある日は山の神様に。
ある日は渓の神様に。
時には雨だったり、
風だったり、
石だったりに息づく何かに。
時には亡くなった祖父にまで、
語りかけているオイラがいますもん。
節操がないと言えばないのかな?

でも、ちょい前までは初詣とか、
もしくはお願い事があって寺院を訪れた時とか、
特別な時に限られていた気がします。
渓に通うようになってから
やおろずの神を身近に感じることが多くなった…
いいことなんだろうな、きっと^^
2007-02-05 Mon 21:11 | URL | 2 #-[ 編集] | top↑
そう言えば・・・
幼い頃、通学路にいた恵比寿様、あの頃はただの「優しそうな太ったおじさん」
ぐらいにしか思ってなかったけど、不思議とイタズラはしなかったなぁ
憶えていないけれど、子供心に感じていたんでしょうか 何かを。
僕らは意外と、忘れたものを思い出したくて、溪に入ってる部分もあるのかもしれませんね。

「やおろずの神」
皆が感じられるようになれば、残せる物も多くなるのに。。。
2007-02-06 Tue 21:00 | URL | maru #-[ 編集] | top↑
のんきな私は、あまり意識した事はありません。

だけど、なにかしら畏怖のようなものは感じます。
ただ、気持ちがいいな~とただただのんきに思うときもあれば、見えない何かを感じ、それは気のせいなのかもしれないけれど、無事に今日を過ごせるように、そっとお祈りしたりして。

感謝だったりお願いだったり・・・
そうする事で、無茶をしないでいられるのかもしれません。
なんてね。
2007-02-06 Tue 23:56 | URL | ゆうちゃい #-[ 編集] | top↑
あまり意識しない方が、意外と自然な姿なのかもしれませんね(^^)
いつしか現実を生きる為に、様々な物を失ってしまった人間が、そこに何かを求めてしまうのかもしれないし。

幼い頃のように感じる能力は無くとも、僕らはただ失っただけでは無いと信じたい。
自分だけでなく、人の為に祈ることも出来るようになったと。
無茶が出来なくなったのは、大事な物が増えたからなんだと。

なんちて。
2007-02-07 Wed 00:45 | URL | maru #-[ 編集] | top↑
その日は何時になく落ち着かない日だった。
イヤな予感を感じ脱渓を試みた私、何時もならその場を高巻いて
強引に林道に出る私がなぜか下流の沢まで降り安全に脱渓。
なぜ?山の神のしらせ・・・
そんな時慕っていた大事な上司が・・・

2007-02-07 Wed 21:20 | URL | numa #-[ 編集] | top↑
全てにおいて通ずる事なのかもしれませんが
釣りってのはメンタルな趣味なのかもしれませんね。
山奥に一人って事が多いから、自然と精神が鋭敏になる。
ささいな出来事を、敏感に掬い取ってしまったり。。。

「山の神のしらせ」
もしあるとするなら、護られているという謙虚な気持ち、
僕らはいつまでも大事にしないといけないんだと思います。
2007-02-07 Wed 22:26 | URL | maru #-[ 編集] | top↑
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。